費用を知って任意整理を依頼|返済金額を抑えることができる

1社ごとに交渉する手続き

女性

交渉に応じない場合もある

任意整理とは借金の整理方法のひとつです。自己破産や個人再生との違いは裁判所を介さない手続きであるため1件1件交渉していくこととなります。例えば消費者金融3社から借りているなら1社ずつ交渉して話をまとめていくこととなります。裁判所を介さないので強制力はなく、消費者金融側が交渉に応じるか応じないかは自由であり、3社の内2社は任意整理の交渉に応じてくれ借金減額と分割払いができたとしても最後の1社が任意整理に応じてくれず、減額要求するのなら一括払いであらば応じると主張してくる消費者金融もあるのです。特に経営が悪化している消費者金融に関しては任意整理を拒絶してくる傾向にあります。任意整理の手続きを進めていくには利息制限法による計算を行います。限度額に応じて年利15%〜20%を超えている場合、払い過ぎている利息があるため、過払い金がいくらあるかを計算して、見かけ上の借金を圧縮することができます。例えば、100万円あった借金が利息制限法で計算してみたら50万円まで減ったということもあります。任意整理では利息制限法で計算後の元金を分割払いできるように交渉していきます。交渉は個人だと相手にしてくれないケースもありますので、費用はかかっても弁護士に依頼するのがおすすめです。弁護士の選び方ですが相談費用無料はもちろんのこと、交渉して和解に至らなかった時の費用はどうなるのか、など弁護士事務所によって費用は異なるのでHP等でよく確認してから選ぶことです。

Copyright© 2018 費用を知って任意整理を依頼|返済金額を抑えることができる All Rights Reserved.